女性

アイクリームで目元をパッチリ~女性に嬉しい化粧品~

働く女性におすすめ

スキンケア

パソコンやスマートフォンの長時間の使用は、目元の肌を乾燥させてしまいます。肌の乾燥を防ぐためには、今働く女性の口コミで話題のアイクリームを使用するといいでしょう。小じわやシミを予防し改善できるアイクリームは、働く女性の味方です。

抗酸化作用の利用と剤形

女性

アンチエイジングに良いとされる抗酸化成分を効果的に利用するには化粧水よりもクリームが向いています。肌に留まるタイプの成分はクリームや肌に留まりやすくなり、身体の内部で作用するサイプの場合には持続的に効果を発揮してくれるのが特徴だからです。

お腹の肌を守るために

妊婦さん

妊娠して子宮が膨らむと、お腹の肌が引っ張られて妊娠線ができることがあります。目立つ上に残りやすいので、クリームを塗って予防している女性は多くいます。特に注目されているのは、脂溶性のビタミンC誘導体やシラノール誘導体が配合されているクリームです。肌に優しい無添加のクリームにも、人気があります。

目元のアンチエイジング

鏡に写る女性

ダメージを受けやすい場所

目元は顔の他の皮膚に比べて薄く、さらに人によって違いはありますが1日15000回もの瞬きを行うことで、目の周りには大きな負担がかかってしまいます。それが加齢とともに出てくるシワの原因の一つにもなっています。そこで利用したいのがアイクリームです。「顔にもクリームを塗っているから不要なのではないか」と思われがちですが、目の周りはとてもダメージを受けやすい場所です。アイクリームには皮膚が薄くダメージを受けやすい目元のために、ハリや弾力をアップする成分や高い保湿効果、クマなどを改善するための血行を促進する成分が配合されている商品もあります。毎日、朝晩のスキンケアに取り入れることで、ダメージを受けやすい目元を保護してくれる役割があるのです。

選ぶ際のポイントは

アイクリームはデリケートな目の周りに使うもののため、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。さらに誰かと話をするときなどにお目に真っ先に視線が向かってしまうように、人の視線にさらされやすい場所でもあります。自分の肌に合わなくて肌荒れした、ということがないように、必ずパッチテストを行うようにしましょう。アイクリームの伸びがあまり良くないものも、皮膚の薄い目元にダメージを与えてしまう危険性があります。伸びが良く、肌に刺激が少ないものを選ぶようにします。使うタイミングは商品のパッケージに記載されていますが、朝のメイク前に使用すると紫外線にあたると変質したりする成分が配合されていることがあります。日焼け止めを忘れずに使うようにしましょう。