長髪の女性

アイクリームで目元をパッチリ~女性に嬉しい化粧品~

お腹の肌を守るために

妊婦さん

お腹の肌に入った亀裂

どれほど弾力の高いゴムでも、強い力で引っ張り続けていれば、いずれは表面に亀裂が入ってきます。そしてそれと同じ現象が、肌にも生じます。特に妊娠すると、子宮が大きく膨らむことで、お腹の肌に亀裂が入りやすくなります。この亀裂がいわゆる妊娠線で、多くの女性がこれについての悩みを抱えています。というのも妊娠線は、一箇所だけでなく子宮を中心に複数できることが多く、数が多い分目立つからです。また、出産後も長く残ることが多いですし、幅の広い妊娠線の場合は、一生消えないこともあります。そのためクリームで妊娠線を予防している女性は多くいます。弾力が不足している肌ほど妊娠線ができやすくなるのですが、逆に言えば弾力が十分にあれば、できにくいということです。そしてそのためには、肌の弾力を高めるクリームを使用することが効果的なのです。

効果的で低刺激な成分

妊娠中は、妊娠前と比べるとホルモンバランスが大きく変化することから、肌がデリケートな状態になりやすいです。そのため妊娠線の予防には、低刺激なクリームが使われることが多いです。特に人気があるのは、脂溶性のビタミンC誘導体が配合されているクリームです。これは、皮脂になじみながらビタミンCとなる成分で、浸透しやすい分高い効果が出る上に、低刺激なのです。また、肌細胞同士をしっかりとくっつけることで、亀裂が入ることを防ぐシラノール誘導体も、注目されています。もちろん、防腐剤や香料などが加えられていない無添加のクリームも、肌に優しいので人気があります。そして昨今では、妊娠線の予防専用のクリームも販売されるようになっています。上記の成分が配合されているのはもちろん、肌に刺激を与えないように作られているので、安心して妊娠線の予防に活用できます。